不動産で新しい住まいを探す|サービスを利用してラクラク探し

料金と内容

部屋

空き家の管理を自ら行なうのは非常に大変です。そのため最近は、業者のサービスを利用して楽に管理をすることが多くなっています。基本サービスにおいては、建物の劣化を防ぐための通気や換気をしっかり行ない、雨漏りの点検も欠かしません。防犯の部分では、管理センターの看板設置で守ることができますし、近所とのコミュニケーションで防犯対策を講じることもできます。そしていずれ売るかもしれない土地の美化を目的とした庭の手入れや目視点検、ポストの清掃も業者が積極的に行なっていきます。これらの基本サービスは業者によって異なるものの月に1.2回はされるでしょう。空き家の管理を徹底している所は、これよりもっと多い回数で建物の健康を守っていきます。

空き家の管理にかかる費用は1回の点検で4000円から5000円かかります。月2回の点検をする場合は、10000円することもありますが、安い業者だと6000円で済ませることができます。これはマンションの空き家にも同様で、これらの金額を支払えば目視点検を行いながら空き家の管理を徹底して行ってくれます。なお、場所によっては基本サービスとは別途で初期費用がとられる可能性もあります。これは看板の設置と現況調査に使用されるものなので支払いを命じる業者が一般的です。これらの基本サービスとは別に、各種オプションを利用することでより質の高い管理を任せることができます。例えば空き家の清掃や郵便物の転送、除湿剤の設置、草刈り、緊急時点検等はリーズナブルな価格で提供しているので、費用に余裕がある場合は検討してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加